手荒れ対策したい水仕事‼手袋とハンドクリームで大切な皮脂膜と食事でケア!

手12
手は顔よりも10年早く老化するといわれています。
毎日使う手!休むことなく動かしている手!
手が荒れるのは当然のような気がしています ^^;
毎日のお仕事で手あれで困っている方も多いです。
なぜ、手荒れするのか?どうしたら良くなるのか?
一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

💛爪は大切な体の一部!きれいな爪はお手入れと必要な栄養で健康になる!

手荒れ対策・水仕事が原因

手荒れと手湿疹の原因

◆皮膚の表面は、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される水分が混ざり合い
乳化した皮脂膜が、お肌を保護しています。
しかし、水仕事などでお湯や洗剤をよく使ったり、パソコンや紙、お札などで、刺激が
繰り返しあると、必要な皮脂が過剰に取れてしまうことがきっかけになります。

別名、主婦湿疹ともいわれ、特に主婦、飲食店員、美容師、事務職員、作業員の人など
手を使う人にできやすい傾向にあります。

手の皮膚は、ほかの部位の皮膚と違い、角質層が厚くできていて、外的刺激に強く
できています。ただ、汗を出す汗腺はありますが、皮脂腺の分布がすくないため、
皮脂があまり出ず、荒れて乾燥すると、回復がおそく刺激も受けやすくなります。
その為に、カブレたり、湿疹ができやすい状況になるのです。

敏感肌や若いころにアトピー性皮膚炎があった人などは、手荒れを起こしやすい
体質の方もいます。外的刺激に弱く、秋から冬にかけて悪化しやすいです。

手荒れは、利き手から症状が出やすいようです。

弱い刺激が加わると、表面の角質細胞が弱まり、皮膚が薄くなって指紋が無くなる
ことがあります。(繰り返される刺激による。)
手14

《手荒れとは》

手荒れは、空気が乾燥している秋から冬にかけて、多く見られます。
手が乾燥してカサカサ・ガサガサしたり、あかぎれ、しもやけ、ひび割れなどの症状が
見られます。また、秋冬以外にも、使用した洗剤などの刺激が強い時などは、必要以上
に水分や油分を取り去り、皮脂膜の形成が追い付かない状態です。
ただの手荒れの場合は、数日から数週間で良くなるのがほとんどです。

《手湿疹とは》

家事などの水仕事で、洗剤による刺激は、皮膚の水分や油分を奪ってしまいます。
キッチン用洗剤や洗濯洗剤には、界面活性剤、香料、色素、殺菌剤、蛍光漂白剤などが、
含まれています。
これらが皮膚の水分や油分を奪い取り、乾燥を加速させて、肌のバリア機能が低下して
手や指に症状がでてきます。。
手荒れと違い、なかなか良くならず、年間を通して症状があり、水泡や湿疹、腫れや
強いかゆみがみられます。これらの症状がでた後は、その部分が乾燥して皮が剥けて
きて、悪化するとひび割れや出血することもあります。

スポンサードリンク

手荒れ対策で手袋とハンドクリームを有効活用

《手袋とハンドクリームで手を守りましょう》

手荒れや手湿疹は、手指が敏感になっているので、水仕事のときは必ずゴム手袋をして、
刺激を受けないようにしてください。手湿疹がひどい時などは、ゴム手袋の中に、綿の
手袋をして更に守りましょう。
手2
綿や絹の手袋は、手の保護をしてくれるので、大丈夫であれば常に着用してほしいです。
手荒れの症状が軽いときは、ハンドクリームで保湿して、皮脂膜の代わりに補って
あげましょう。

症状に合った保湿剤を定期的に塗り、手袋で保護してください。

手荒れがひどいとき(手湿疹)は、自己判断しないで、皮膚科で診察して、適切な治療を
して早く改善しましょう。
乾燥だけ・・・・保湿剤
炎症が強い・・・抗炎剤
他・・・・・・・ステロイド剤・抗真菌剤
保湿だけでは効果が出ない場合があります。

《刺激の少ない洗剤・石鹸を》

保湿やお薬を塗って良くなっても、刺激のあるものを使っていては、良くならず、
根本的な改善にはなりません。
肌にやさしい無添加の洗剤や石鹸や刺激の少ない天然洗剤・石鹸を使用してください。
手4

手荒れ対策は食事も大切

外からの保湿のケアーとともに、内側からのケアーも心掛けてください。
体調不良で食欲がなかった、過度なダイエットで栄養不足、不規則な生活などで、
体に必要な栄養が入ってこないと、皮膚への栄養も行き渡らないので、皮膚細胞の
生成も上手くいかなくなります。

皮膚細胞を作るのに欠かせないのが、たんぱく質です。たんぱく質には、お肉、魚介類
乳・乳製品、大豆製品があります。一食に一品は入れてほしいですね。
たんぱく質は、コラーゲンの原料となり、張りや潤いのもとになり、その際、ビタミンC
が一緒になって働きます。
ほかに、ビタミンA・Eは抗酸化作用があり、活性酸素による皮膚の老化を防ぎます。
緑黄色野菜にはβ-カロテン(A)が多く含まれています。またナッツ類にはビタミンEが
多く含まれます。

今回のまとめ

手の皮膚も体の一部ですが、顔ほどお手入れはしていない箇所になります。
しかし、手は私たちが活動する中で、常に動き働いています。
さらに、皮脂膜を作りにくく乾燥しやすい弱点があるので、日々のケアーを心掛けたい
ですね。
手荒れや手湿疹の症状が出たら、保湿をする、あるいは皮膚科などの専門医に診てもらう
などを、早めにしましょう。

また、手を休ませるのも必要です。時間を見つけて、手の休息をしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする