お米ダイエットの効果!!レシピでカロリーオフ!おすすめ食材と糖質20g‼

こめ2
糖質制限ダイエットは一般的になっていますが、
その中でも「お米」は魅力的な食材です。
日本人の主食といえるお米の効果はダイエット向き
です。糖質コントロールして、カロリーオフの
レシピや、おすすめの食材を使って、健康な身体
作りをしましょう。

スポンサードリンク

お米ダイエットの効果

お米は炭水化物の仲間で、体内に入ると糖質として消化吸収されます。
他にもパンや麺類などがあり、これらの原料は、一般的には小麦から
できています。
お米と小麦は、糖質ですが、もともとの粒子の大きさが違い、お米の
方が粒子が大きく、消化が穏やかに行われるため、血糖値の上昇も
穏やかに行われるといいます。
血糖値の上昇が穏やかに行われ、インスリン過剰な分泌を抑え、
エネルギーとして消費される時間も長いので、腹持ちが良いのが
『お米』の利点です。

また、よく言われる「グルテンフリーダイエット」にも効果的です。
グルテンはタンパク質の一種で、小麦や大麦、ライ麦などに含まれる
成分で、粘りや弾力のもとになります。パンやパスタ、うどん、
ケーキ、クッキーなどがあります。
小麦は血糖値が急上昇しやすく、多くのインスリンが分泌されます。
そのため、余分な糖質は脂肪として蓄えられやすくなり、
さらにグルテンを摂ることで、食欲が刺激されやすいといわれます。

「グルテンフリーダイエット」は、これらを避け、ご飯や米粉などを
使ったものに変えて、摂るということです。
こめ3
糖質は、身体に必要な三大栄養素の一つで、効率よくエネルギーに
変換され、活動することができます。
特に『脳』の栄養源としてとても大切で、他の栄養素では補えないと
いわれます。

100g当りのカロリー

白米  168㎉ 1膳269㎉(160g)
玄米  165㎉ 1膳264㎉(160g)
食パン 264㎉ 6枚切り2枚354㎉(134g)
ロールパン 316㎉ 1個88㎉(28g)
ベーグル  270㎉ 1個255㎉
中華麺  281㎉ 1玉337㎉(120g)
パスタ  378㎉ 1人前(100g)
カロリーを比較しても、お米は比較的低いのが分かります。
また、麺類はスープやソースが加わるので、その分のカロリーも
プラスされます。

玄米はダイエットに良い!

玄米は、もみ殻だけを取り除いたお米です。精米の方法で、玄米や
七分ツキ米、白米など選択できますが、健康志向の高まりで、玄米を
選ぶ人も増えています。
こめ4
玄米は、白米に比べると、ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれ、
身体に必要な栄養素を摂ることができます。
特に、ビタミンB1・B2が脂肪の燃焼を助けてくれます。また、血糖値の
急上昇を抑え穏やかに働きます。
玄米は、GI値が低く血糖値を穏やかに上昇させるため、脂肪に
なりにくい食べ物です。

お米ダイエットレシピ ココナッツオイル

ご飯のカロリーが、最大60%カットできる‼
海外の研究で、世界のお米を使って38種類調べたところ、
カロリーが10~60%カットされたという、報告が出たそうです。

お米を炊く前に、「ココナッツオイル」を加えるだけ‼というシンプル
なやり方です。
「ココナッツオイル」を入れて炊くことで、ご飯の糖質(デンプン)を、
ココナッツオイルの脂質が、「難消化性デンプン」に変えてくれる
そうです。その結果、糖質の吸収を抑えてくれます。

«作り方»
白米1合に対して、ココナッツオイル小さじ1杯を加えて炊きます。

炊き上がったお米を冷まし、冷蔵庫で「12時間冷やす」のが目安に
なります。

食べる時には、レンジなどで温めて食べても、効果は変わらないと
いわれます。
味は、多少の違和感はありますが、ココナッツオイルが、嫌いでなけ
れば、大丈夫です。
味をとるか‼、カロリーオフをとるか‼ ちょっと迷いますが、
一度、食べてみる価値はあります。

また、冷凍でも効果は同じで、多めに炊いて冷凍保存すれば、ОKです。

一番大切なのは、「12時間」必ず冷やして、ココナッツオイルを
浸み込ませることが必要📍


スポンサードリンク

お米におすすめの味噌でダイエット

ご飯の組み合わせにピッタリのお味噌汁❣
お味噌は、健康食・発酵食品で、認知度も高いですが、特に『赤味噌』
の効果が高いといわれます。
赤味噌に多く含まれる「メラノイジン」が、腸で吸収される糖質を
阻害し、食後の血糖値の急上昇を抑える効果があると、注目されている
食材です。
%e5%91%b3%e5%99%8c77
味噌の赤白の栄養成分~~!
さらに、野菜や海藻類、キノコ類、豆腐などの低カロリー食材を、
たっぷり入れて、「具だくさん味噌汁」を作ります。
満腹感が得られ、不足しがちなビタミンやミネラル類、食物繊維が
プラスされて、カロリーも抑えることができます。
生野菜が苦手な人にもピッタリです。
加熱しすぎると、水溶性のビタミンは壊れやすいので、葉物野菜など
は、食べる直前に加えて、煮すぎないように注意しましょう。
また、汁も栄養素が溶け出しているので全部飲みましょう。
ご飯に相性のいいお味噌汁は、朝だけでなく、昼夜にも摂りたい栄養
豊富な食材です。
味噌の栄養はマルチ効果大~~

よく噛めば痩せる⁉

ご飯は粒状なので、噛まないとのみ込めないことからも、噛むことで
唾液の分泌量が増えます。唾液には、消化液の酵素が含まれているので、
唾液の分泌量が増えることで、消化を促し、食べ物を分解する力が
強くなるので、消化器官の働きを助けてくれます。

1食のご飯の量は⁉

血糖値のコントロールと健康的なダイエットには、朝食・昼食・晩飯
それぞれの糖質の量は、1食あたり、
最低でも『糖質20~40g(糖質40g:おにぎり約1個分)』
1日のおやつ分の糖質:10gまで!
糖質の総量は、70~130gと、いわれています。
こめ5
糖質を20g以下にすると、LDLコレステロール(悪玉コレスレロール)
が上昇しやすいといわれ、ほかに集中力の低下、体臭の悪化なども
心配されています。
特に脳の栄養源は糖質といわれるので、最低限は摂りましょう。

間食は避ける

間食を控えて、三回の食事は、きちんと摂ることが大切です。
食べたものをしっかりと、消化してから、次の食事をすると、
胃腸の働きが良くなります。
また、間食を控えることで、消化器系の働きの負担を減らし、
休ませる時間があるので、よりよく働くといわれます。
しかし、食事と食事の間が、6時間以上空いてしまう場合などは、
間食を入れる方が好ましいです。
長時間食べ物が入ってこないと、身体は飢餓状態になり、余計に
糖質などを吸収しやすくするといわれます。

また、お腹が「グ~」と鳴るのが、一つのサインです‼
これにより、『老化ストップホルモン』の分泌が増えるといわれ、
若返り効果も期待されています。
『老化ストップホルモン』が増えると、消化器系の働きも
良くなるということ!ですね。

雑穀米

雑穀米は白米よりも、ビタミン類やミネラルを多く含みますので、
糖質や脂質の分解や消化を助け、たんぱく質の分解吸収を助ける
働きをします。
また、雑穀米に含ませる食物繊維が、体内に取り込まれると、
水分を吸収し膨らむので、満腹感が得られ、デトックス効果、
便秘解消にも役立ちます。
さらに、食物繊維は腸内で、善玉菌のエサにもなるといわれ、
腸内環境を整える効果も期待できます。

今回のまとめ

和食の文化は、世界的にも評価されていて、懐石料理などの高級なもの
だけではなく、日常の食べ物や習慣、または環境などに、多くのヒント
が隠されているようですね。
健康的な生活を送るには、運動や十分な睡眠が必要ですが、やはり基本
になるのは、『食生活』だといわれます。
一日の始まりの朝食から、しっかりと食べて、体の健康を育てましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする