甘いものを食べ過ぎると血糖値が急激に上がり眠気や疲れが!!コーヒーは‼

あ1111
疲れたときは、甘いものが欲しくなる!?
しかし、甘いものを食べ過ぎると、
逆に眠気や疲れにつながるといわれます。
なぜでしょうか?
また、甘いものとコーヒーの組み合わせは
良いようです。

スポンサードリンク

甘いものを食べ過ぎると血糖値が急激に上がる!

甘いものは、主に糖質の成分です。糖質を含む食品を食べると、
血糖値が上がり、インスリンが出て、細胞に糖を送り込み
エネルギーになります。
しかし、甘いものを食べ過ぎると、血糖値が急上昇してしまい、
余分な糖質は、脂肪細胞に送られ、脂肪として蓄積されます。

また、血糖値が上がったままになっていると「糖化」になりやすく、
糖がたんぱく質をくっつけて、血管の内側も傷つき、動脈硬化に
なりやすいといわれます。
血糖値を出来るだけ抑えることが、動脈硬化の予防にも
つながります。

甘いものを食べ過ぎるで血糖値と眠気の関係

「疲れているときには、甘いものが欲しくなる!」
疲れていると感じると、脳がエネルギー不足の状態で、糖分を
たくさん欲しがるといわれ、それによって、たくさん食べ過ぎると、
血糖値が急上昇してます。
それを抑えようと、多くのインスリンが分泌されて、血糖値が一気に
下がることで、前よりも下がり、眠くなったり、疲れやすくなるよう
です。

血糖値をいきなり上げるのではなく、緩やかな上昇の食べ物が
理想です。

血糖値が上がらないGI値

GI値=食後体内で、血糖値が上昇するスピードを計ったものです」

GI値の低いものは、ナッツ類、牛乳、ココナッツミルク、チーズ、
果物、アボカド、さつま芋、葉物野菜、カリフラワー、キノコ類、
豆腐や大豆製品など
GI値の高いものは、パン、ごはん、麺類、根菜類、砂糖類、
せんべい、ジャガイモ、トウモロコシ、ナン、長芋、もち米、
ポテトチップスなど

さつま芋は、甘味は十分感じられるが、GI値が低く腹持ちが
良いので、ダイエット食品として人気があります。

スポンサードリンク

コーヒーと甘いもので血糖値を上げない工夫

甘いものを摂るときは、「コーヒー」と一緒に摂るといいといわれます。
コーヒーに含まれポリフェノールが、食後の血糖値の上昇を抑えたと
いう報告があります。
また1日にコーヒーを3~4杯飲む人は、2型糖尿病にかかる確率が
低いというデータもありますが、はっきりした理由はまだ分かって
いないといわれていますが、効果的であるのは確かなので、予防対策と
して一緒に飲んでみましょう。
また、緑茶や番茶に含まれるカテキンも、糖の吸収を緩やかにする
効果が期待できます。

今回のまとめ

甘いものを食べたいときは、コーヒーや緑茶と組み合わせると、
糖尿病のリスクが減ったという報告がありますが、基本は、
毎日の食事のバランスが大切だといえます。
甘いものの食べ過ぎには注意し、なるべくGI値の低いものや
量をコントロールする工夫をしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする