コレステロールは卵と関係ないなぜ!?バターも大丈夫!?糖質制限で健康なダイエット❣

ttt4
卵やバターなどに含まれるコレステロールは、
動脈硬化を進行させるので、摂る量を抑えましょう!
といわれていましたが、関係ないといわれます。
なぜでしょうか!?
また、糖質制限によって、コレステロールやダイエット
などが関係しています。

スポンサードリンク

コレステロール値に卵は関係ない⁉

「卵は、1日に食べる量は1個までにしましょう」と言われてきました。
コレステロールを多く含む食品を摂ると、血液中のコレストロールが増え、
動脈硬化症となるといわれてきました。

しかし、コレステロールを含む食品を摂ると、肝臓はコレステロール
の合成をやめて、血液中のコレステロールは一定になります。
そして、コレステロールを含む食べ物の摂取が減ると、肝臓は
コレステロールの合成を増やし、血中コルステロールの量を一定にします。
このことから、コレステロールの摂取が増えても減っても、血液中の
コレステロールは変わらないことになります。
ttt
以上から「卵を食べる量に関係はない‼」ということになります。
マヨネーズも大丈夫! 心配しなくても良い⁉

バターや卵のコレステロールは大丈夫⁉

米国食事ガイドライン(2015年)は、脂を控えても動脈硬化を減らさない。
脂を控えても肥満症の予防にはならない。脂質摂取の上限については
勧告しない。」と方針がガラリと変わったといわれています。

日本の厚生労働省も「日本人の食事摂取基準(2015年)」で、健常者に
ついては、コレステロールを摂取する基準を設けていません。
また、日本動脈硬化学会も高LDL(悪玉コレステロール)血症患者を除いて
厚生省の基準に賛同しているということです。
ttt2
バターや卵などに含まれるコレステロールを、気にせずに食事ができるのは、
嬉しいことですが、摂りすぎは胃腸の負担にもなるので注意しましょう。

スポンサードリンク

糖質制限でダイエットを‼卵のコレステロールは気にしない!

ダイエットを考えるときは、コレステロールよりも、糖質の摂取量を
コントロールするのが、成功のカギ📌のようです。

糖質の摂取量をコントロールすることで、血糖値の急上昇を防ぐことが
できます。
血糖値が高いと、糖が血管の内側を傷つけて、動脈硬化が悪化すると
いわれます。
血糖値の急上昇でインスリンも多量に出て、細胞に糖を送り込み
エネルギーになりますが、余分な糖質は、脂肪細胞に送られて、
脂肪として蓄積されます。

糖質の量を抑えることで、血糖値が緩やかに上昇し、動脈硬化の進行が
抑えれれます。
血糖値が緩やかな上昇のときは、インスリンの量は少なくなり、脂肪の
蓄積も少なくなります。

血糖値の急上昇が続くと、インスリンの分泌も増え、膵臓の負担も増えます。
そのため、膵臓の機能が衰えてくると、糖尿病のリスクも高くなります。

血糖値のコントロールをして、健康的にダイエットしたいと思った場合、
朝食・昼食・晩飯それぞれの糖質の量として、
1食あたり、糖質20~40g(糖質40g:おにぎり約1個分)
1日のおやつ分の糖質:10gまで!
糖質の総量は、70~130gと、いわれています。

糖質を20g以下にすると、LDLコレステロールの上昇や集中力の低下、
体臭の悪化などが、心配されています。
特に脳の栄養源は糖質といわれるので、最低限は摂りましょう。

糖質量をコントロールする必要があるもの
パン・麺類・ごはん・根菜類・くだもの・お酒(🍻ビール・日本酒)
ttt7
糖質を気にしなくていいもの
肉・魚・葉物野菜・卵・乳製品(バター、牛乳、チーズ、生クリーム)
お酒(ウイスキー、焼酎、ワイン)
ttt78

今回のまとめ

コレステロールは、体内での合成によってコントロールしてくれるので、
気にしなくても大丈夫だということが分かりました。
糖質のコントロールをすることで、ダイエットはもちろん有効で、
LDLコレステロールにも関係するので、気をつけたいところです。
卵やバターも大丈夫‼とはいっても、食べ過ぎは、胃にも負担を
掛けてしまいますので、ほどほどが一番ですね。

スポンサードリンク