ハチミツしょうがの効果効能!!おいしい飲み物牛乳レモン紅茶を合わせて‼

hh・1
ハチミツしょうがは、ホットでも
アイスでも、そのままでも美味しく
いただけます。
さらに、蜂蜜と生姜には、ビタミンや
ミネラルなど、体に良い効果効能が
詰まっています。
レモンや紅茶、牛乳でもどうぞ!

スポンサードリンク

ハチミツしょうがの効果効能

ハチミツには、良質なビタミンやミネラル類が豊富に含まれ、
アミノ酸や酵素成分も多い健康食品といえます。
また、ブドウ糖と果糖が主成分のため、エネルギーになりやすく、
疲労回復効果があり、砂糖よりもカロリーは低く、甘味も強く
感じられるので、量も抑えられます。

ハチミツには、善玉菌を増やす作用、下痢や便秘を改善する整腸作用、
むくみや高血圧の予防効果、風邪などの咳の緩和、脳の栄養源、
美肌効果があります。

ショウガの効果

ショウガは、一般的に薬味や香辛野菜、風邪や冷え性などの
民間薬として使われています。
血行が悪くなると、むくみや冷え性、肌の代謝も乱れ、
くすみやシミ、乾燥などの新陳代謝が衰えやすくなります。

生のショウガに多く含まれるジンゲロールや、加熱処理で増えた
ショウガオールには、身体を温めて、循環を良くする働きが
あります。
hh・2
ショウガの皮の周りに多く含まれている香りと身体を温める
「ジンゲロール」も一緒に摂れるので、丸ごとがおすすめです。
また、ショウガは、身体を温めるだけでなく、
以下の作用もあります。

胃や腸の不調を整えて消化を助ける
魚や肉などの臭み消し
吐き気や乗り物酔いの改善
下痢・便秘の解消
発汗・解毒作用

生姜は、年間を通してスーパーなどで見かける大生姜、
漬物や加工品が多い中生姜、早掘りして葉生姜はじかみなどに
なる小生姜があります。
そして、夏頃に、収穫したての「新ショウガ」が出回ります。
色は白く繊維が柔らかい、爽やかな辛味が特徴です。

新ショウガは、繊維質がさほど気にならないので、おすすめですが、
繊維を断ち切るように、スライスすれば、食べやすくなります。

はちみつしょうがレシピと飲み物

蜂蜜の種類のおすすめと人気の特徴色や味~~
ショウガは、皮を剥かずに丸ごとスライスします。
癖のない上品な甘さのある「アカシアハチミツ」を使い、
一緒に漬け込みます。

«ハチミツしょうがの材料»
はちみつ
しょうが
保存瓶(保存容器)

«作り方»
ショウガはきれいに洗い、水気を拭き取ります。

好みの厚さにスライスしますが、薄い方がハチミツと
馴染みやすいです。

熱湯消毒した保存瓶に、スライスしたショウガを詰めて、
ハチミツをたっぷり注ぎ入れます。

1週間前後で、馴染んで食べやすくなり、ショウガエキスが
染み出てきて、おいしいショウガハチミツができます。
保存は冷蔵庫で約3ヶ月!(保存瓶はしっかり熱湯消毒しましょう)

そのまま、スプーンなどですくい、食べていただけます。
さらに、お湯や紅茶で割って飲むと、おいしく身体もぽかぽかです。

スポンサードリンク

ハチミツ生姜牛乳

ホットミルクはちみつ生姜
・牛乳 150㏄
・はちみつ生姜 小さじ1~2杯
(牛乳を温めて、ショウガハチミツを加えて混ぜるだけ!)
hh・5

はちみつ生姜湯

素材の力を丸ごといただく安心安全なはちみつ生姜湯!
カップに、「ハチミツしょうが」を大さじ1杯入れて、
100~150㏄注ぐだけでできます。

蜂蜜生姜レモン

爽やかなレモンの香りと、ビタミンCがプラスされて、
美容効果が高まります。

«作り方»
生レモン、またはポッカレモンなどの果汁を使います。
カップに、「ハチミツしょうが」大さじ1杯、
レモン汁大さじ1杯を入れ、熱湯を150㏄注ぎよく混ぜます。
また、炭酸ソーダ200㏄で割ってもおいしくいただけます。

はちみつしょうが紅茶

紅茶に含まれるカフェインや香りは、疲労回復やストレスの解消、
ポリフェノールによる抗酸化作用も期待でします。
hh・7
«作り方»
紅茶の茶葉かティーパックで好みの濃さに淹れます。
カップに、「ハチミツしょうが」を小さじ1~2杯入れ、
温かい紅茶を注ぎ、いただきます。

他に、お肉やお魚の臭みけしにも使えます。
ポーク生姜焼き
魚の煮つけ
角煮など

ハチミツは、乳児ボツリヌス中毒の危険性があるため、
1歳未満の乳児には与えないように注意してください。

今回のまとめ

蜂蜜と生姜は、それぞれ体に良いのは分かっていますが、
合わせて食べるとピリッとくるショウガも、マイルドに
なっておいしく食べられます。
風邪の予防や、毎日の健康管理に役立ててください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする