緑茶でうがいは効果あり!?飲む方法は何に効く!?虫歯や風邪ウイルスに‼

%e3%81%8a%ef%bd%8d%e3%81%8d
緑茶の効能は、心身に良い効果をもたらすと、
注目されていますが、うがいをすることで、
風邪やウイルスなどの予防効果があるので
しょうか。
また、飲むことで効果は変わるのでしょうか。
さらに口内環境にも効果的!!

スポンサードリンク

緑茶でうがいは効果あり‼

乾燥する冬の季節は、お肌の乾燥に気を付けたいですが、こんな季節は
ウイルスの活動も活発になります。マスクや加湿器など、生活環境に
気を使います。そして家に帰ったら、手洗いとうがいは必須です‼
その中でも、「緑茶でうがい📌」は効果的な成分が多く含まれています。
緑茶に含まれる成分には、カテキン・ビタミン・ミネラル・サポニン・
テアニン・カフェインなどがあり、風邪やウイルスなどに効果的な要素
を多く持っています。
ポリフェノールの一種の「カテキン」は、渋みや苦みの成分で、
強い抗酸化作用、抗菌作用、殺菌作用があり、緑茶でうがいをする
ことで、口や喉についた細菌やウイルスなどから守る効果があると
いわれます。

緑茶はうがい or 飲む

インフルエンザなどのウイルスは、感染力が強く、喉などの粘膜に
付着して20分位で、感染するといわれています。
そのために、細目にうがいをする必要が出てきますが、簡単で確実に、
「15分~20分おきに緑茶を一口ずつ飲む📌」方法があります。
のどに付着していたウイルスは、緑茶を飲むことで流されて胃に入ると、
胃酸で死滅するそうです。
そのために、15分~20分位の間隔で、緑茶を飲めば、洗い流せると
いうことになります。
細目に飲むことで、喉の潤いも保てるので相乗効果が得られますね。

緑茶には、健康成分が多く入っているので、おすすめですが、
緑茶以外でも、効果はあるといわれていますので、水や他のお茶でも
試してみてください。

スポンサードリンク

緑茶でうがいは虫歯予防📍

さらに緑茶は、虫歯や口臭の予防の作用があります。
抗酸化作用や抗菌作用により、細菌やウイルスなどから守る効果
以外にも、口の中の善玉菌を活発にしてくれます。
善玉菌が活発になると、悪玉菌が増えるのを抑えることができて、
口内フローラの環境が整い、虫歯や歯周病、口臭予防などに効果が
あります。
緑茶で、うがいをしたり、こまめに飲むのは、口内の環境を整える
のに効果的といえそうです。

今回のまとめ

緑茶の種類では、煎茶、番茶が太陽の日差しをサンサンと浴びて、
カテキン量が多いといわれます。
基本的に、緑茶はとてもおいしいお茶です。食事や一休みのときにも
緑茶を頂きたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする