節分の福の豆を福茶でよろこぶ!!アレンジレシピで邪気をはらい新スタート‼

%ef%bd%8d%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bd%8a
節分には 豆まきが定番ですが、その福豆を使って福茶をつくりましょう。
豆まきと福茶で、節分の行事パワーが高まります。食べきれない福豆を
アレンジするだけで、おいしい福茶が簡単にできます。福茶レシピで、
パワーをいただき、立春のスタートにしましょう。

スポンサードリンク

節分には豆で福茶

節分は、立春の前日をさします。昔は一年の境目としていて、
大晦日にあたる日を節分、立春を新年として考えられて
いました。
そのため、節分は新年を迎えるための行事で、邪気を祓い、
無病息災などを願う 豆まきが行われていました。

節分には、炒った豆を「年神さま」にお供えし、それから
年男や一家に主人、厄年の人が、「鬼は外 福は内」と
呼ばわりながら豆をまきます。
その豆には、邪気を祓う力 霊力があると考えられていますので、
その豆を、年の数 あるいは年の数+1 食べます。
その際、邪気を祓い 福を呼び込むために、願いながら食べると
ご利益が高まるといいます。
%ef%bd%8d%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%82
豆まき用に炒ってお供えした豆「福豆」を使って「福茶」をいただき
ましょう。
福茶を飲めば、今年一年の邪気を祓える 縁起もののお茶です。

節分の豆をアレンジして福茶

福茶(ふくちゃ・ふくぢゃ)は、お正月や節分または大晦日などに
飲まれるお茶のことです。
「福豆・昆布・梅干し」他に山椒などを入れて、煎茶やお湯を注いで
いただきます。
特に お正月の福茶を「大福茶」といい、若水を沸かした湯を使います。
また「大服茶・皇服茶・王服茶」とも書きます。

福茶が飲まれる理由は‼

福茶は、古くから飲まれていて、その起源は、平安時代といわれます。
村上天皇の頃、疫病が流行り、それをあわれみ 疫病退散を願った、
「空也上人(くうやしょうにん)」が、十一面観音像を彫り、
観音様のお供え物としていたお茶を、飲んだ多くの病人が回復したと
いわれます。
このことを 村上天皇が、めでたいしきたりとして、元日に飲むように
なりました。このことが一般庶民にも伝わり、一年の邪気を祓うため
飲むようになったといわれています。

昔の元日は立春にあたり、前日が大晦日、現在では節分の日になります。

節分の豆まき由来は新年のため!!恵方巻方角がすぐ分かる!いつ食べますか

スポンサードリンク

節分の福茶レシピ おいしい作り方

福茶は、簡単に作れますので、是非飲んで「福」もいただきましょう。
レシピは 一杯分ですので、人数に合わせて分量を増やしてください。

«材料»🍵一杯分
福豆  3粒
昆布  結び昆布 あるいは 塩昆布 適量
梅干し 1粒
熱湯  150~180㏄(お好みで緑茶・ほうじ茶など)
%ef%bd%8d%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bd%90%e3%81%93
«作り方»
福豆・昆布・梅干しを湯のみに入れて、お湯を注げば 出来上がり‼
福豆の3粒は、吉数で縁起が良いといわれ、まめまめしく働ける
という意味を持っています。
昆布は、よろこぶ
梅は、松竹梅でめでたいものの象徴!・毒消し効果

福茶は、縁起が良いだけではなく、昆布のミネラル成分や、
梅干しのクエン酸、大豆のアミノ酸なども摂れるので、
体に優しい福茶になります。

六波羅蜜寺で福茶

%ef%bd%8d%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bd%8d%e3%81%8d
京都の六波羅蜜寺(ろくはらみつじ) 通称:六はらさんでは、
お正月の三が日は「皇服茶授与」を行っています。
空也上人(くうやしょうにん)が、八つに割った青竹で立てた
お茶に、梅干し・結び昆布を入れ、振る舞ったとされるお茶を、
現在も「無病息災」を願い飲まれているお正月の行事です。

今回のまとめ

福茶は、縁起の良いお茶として、古くから親しまれているようです。
3粒の福豆ですが、お供えした福豆には、想像以上のパワーが
かくされているような感じがありますね。「福は内~❣」

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする