ほうれん草の種類は生食できる!?あくシュウ酸大丈夫?冷凍保存そのままで❣

%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%97

ほうれん草は、冬に甘味が強く美味しくなり
ます。生で食べていいものには種類があり、アクの
シュウ酸も気になるところです。生食に適した
ホウレン草や、冷凍・生冷凍・保存方法をご紹介
します。

スポンサードリンク

ほうれん草の種類は生で食べられる⁉

ほうれん草は、東洋種と西洋種があります。
■「東洋種」は、葉の切れ込みが深くて、柔らかく甘味があり、
アクが少ないのが特徴です。
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%e6%9d%b1%e6%b4%8b%e7%a8%ae%ef%bc%92
■「西洋種」は、葉に丸みと厚みがあり病害虫に強く、アクが強い
特徴を持っています。
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%e8%a5%bf%e6%b4%8b%e7%a8%ae
現在、市場に出回っているほうれん草は、この2種類の交配種で、
両方の長所をもった品種になります。

ほうれん草交配種

市場に出回っているほうれん草は、ほとんどが交配種です。
栽培もしやすく、えぐみが少なく食べやすい。

寒じめちぢみほうれん草

冬に栽培されるほうれん草で、葉の表面が縮れてシワが入って
いるのが特徴です。
「寒じめ」という寒気にあてる栽培方法で、葉が厚くなり、
甘味が強くなり美味しくなります。
主な品種は、「朝露」「雪美菜」で12月~2月頃が旬です。
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%e5%af%92%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%a1%e3%81%a2%e3%81%bf%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%82%93%e8%8d%89

サラダほうれん草

「生」で食べられるように、改良されたほうれん草で、
甘味が強く柔らかく「アクが少ない」のが特徴です。
ほとんどが水耕栽培で、葉の色は薄く茎は細めです。
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%82%93%e8%8d%89

赤軸(赤茎)ほうれん草

葉全体は緑色ですが、葉柄の部分や葉脈は赤紫色をしていて、
「アクが少なく生で食べられる」のが特徴です。
若いうちに収穫されたものは、生がおススメですが、
大きく生長したものは、硬くなったりするので、
茹でたり炒めたりして食べると良いです。
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%e8%b5%a4%e8%bb%b8%e8%b5%a4%e8%8c%8e%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%82%93%e8%8d%89
ほうれん草の栄養効果効能はスタミナ源!!~

ほうれん草の旬は❓生のアクは大丈夫!?

ほうれん草の旬の時期

ほうれん草は、ハウス栽培やトンネル栽培などがあり、
通年、店頭スーパーで見かけますが、本来の旬は、
「11月~3月頃」の寒い時期になります。
冬の寒い時期に収穫されるほうれん草は、自ら糖度を蓄えて
寒さから守ろうとします。
その結果、甘味が強くなり栄養価も高く美味しくなるのです。

ほうれん草のアク シュウ酸は大丈夫⁉

ほうれん草は「シュウ酸」というアクの成分があり「結石」
原因になるといわれ「えぐみ」があります。

シュウ酸は水溶性なので、熱湯で茹でることで流れ出ます、
茹でたあとは、冷水に手早くとり色止めしますが、これにより、
さらにシュウ酸が流れ出てくれます。

茹でた後は必ず「冷水」で一気に冷やし、水切りまでしっかり
すると、必要な栄養成分も失われずにすみます。

サラダほうれん草は「シュウ酸」が少ないので、そのまま「生」
で食べて、まるごと栄養を摂りましょう。

スポンサードリンク

ほうれん草は冷凍保存がおススメ生でもOK‼

ほうれん草の保存方法

葉もの野菜は、水分の蒸発が早くしおれやすいので、保存するときは、
軽く湿らせた新聞紙などで包んで、ポリ袋に入れて野菜室に入れます。
根の部分を下にして、立てて保存すると日持ちします。

ほうれん草の冷凍保存方法

良く洗い、根の付け根が太いときは、十字に切り込みを入れてから、
下茹でします。(付け根は硬いので、ゆで時間を早くし、茎や葉の
茹ですぎを防ぐためです)
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%98
冷水で冷やしたら絞り、キッチンペーパーなどで水分をとります。
使いやすい大きさに切り分けて、ラップで包んで保存します。
解凍しやすいように、平らに小分けすると使いやすいです。

ほうれん草を生で冷凍保存方法

ほとんどのほうれん草は、下茹でしてから冷凍保存しますが、
生の状態でも冷凍できます。
生冷凍に適しているのは「サラダほうれん草」の種類です。
サラダほうれん草は、シュウ酸が少ない品種なので、解凍後は
そのまま食べられます。
しかし それ以外は、アクの成分シュウ酸が多く気になりますので、
生で冷凍しても、解凍後に下茹でしてから使うことになるので、
茹でてから冷凍する方が便利で使いやすいですね。

葉物野菜なので「サラダほうれん草」の解凍後も、くたっとして
いますので、余分な水分を絞って、そのままサラダやスムージー、
和え物などに使えます。
%ef%bd%88%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%bc

食べ方・料理に使うとき

ほうれん草は、炒め物、お浸し、パスタ、サラダ、和え物、
グラタンなど、幅広く使える「緑黄色野菜」です。
冷凍したほうれん草を、上手に使って栄養不足を補いましょう。

今回のまとめ

ほうれん草は栄養価も高く、β-カロテンや鉄分葉酸などが
豊富な緑黄色野菜です。
さまざまな料理で活躍する野菜なので、寒い冬の栄養補給に!
健康維持に!食べたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする