ブロッコリー栄養成分は生が特化型効果効能!!旬スーパーフードの王様‼

%ef%bd%82%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%91
ブロッコリーの栄養価は高く、体に良い
成分が多いことは、よく知られています。
また、生で食べることで効果効能が、
さらにパワーアップします。体に嬉しい
効果が詰まっているブロッコリーです。

スポンサードリンク

ブロッコリーの栄養成分・旬種類

ブロッコリーは、ケールが祖先のアブラナ科の植物です。地中海沿岸が原産と
いわれますが、日本に入ってきたのは明治になってから、カリフラワーと一緒に
入ってきたといわれ、なじみのある野菜の種類になります。

ブロッコリーの旬

ブロッコリーは、常にスーパーなどで見かけますが、
本来の旬は「11月~3月頃で甘味が強く美味しい時期」
旬の時期は、晩秋から冬をこえて初春です。
冬野菜は主に、外気が寒くなると、自分の身体を守ろうと
して、糖分を蓄え、さらに栄養価も上がわれるといます。

旬以外のブロッコリーは、輸入されたものや種まき・収穫時期を
ずらしてつくられています。

ブロッコリーの種類

一般的な一つの塊になったブロッコリー以外に、
栄養成分で注目されている「ブロッコリースプラウト」
スティック状になった、茎ブロッコリーやアレッタ、
スティックセニョールなどがあり、菜の花のような
形をしていています。
茎や葉の部分も柔らかく、おいしく食べることが
出来るのが特徴です。
%ef%bd%82%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

%ef%bd%82%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%93

ブロッコリーの栄養は生で‼

海外では、生で食べたりしますが、日本では主に、
茹でる、炒める、蒸す、焼き野菜などで食べられて
います。
電子レンジを使うと、ビタミンCの損失は少ないと
いわれます。

しかし、生で食べることで「ミロシン」という成分が
摂取できます。これは、発がん性物質を肝臓から
取り除く効果があるといわれている成分です。
スーパーフードといわれている、特に旬のブロッコリーは、
甘味が強く栄養価も高いといわれるので、購入したら新鮮な
うちに「生」でいただいてみましょう。
加熱調理をすると、水溶性のビタミンやミネラルが
壊れたり、水に溶け出たりします。
生で摂ることで、ブロッコリーに含まれるビタミンB.C
ミネラル類を壊さず摂取できます。

ビタミンB群

炭水化物・たんぱく質・脂質のエネルギー代謝に関係し、
脳や末梢神経、筋肉、皮膚、粘膜などの機能を正常に
保つ働きをします。
お肌のニキビ、吹き出物、炎症なども予防してくれます。

ビタミンC

コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCで、老化やガンの
原因といわれる活性酸素を防ぐ効果があるといわれます。
また、疲労回復やストレスにも強い栄養素です。
ビタミンCはレモンの3倍といわれます。

ミネラル類ほか

ブロッコリーに含まれる葉酸や鉄分・亜鉛は、皮膚を健康に
保ち、血液の合成に関係し貧血を予防するといわれます。

ほかに、むくみ解消のカリウム、便秘の改善に食物繊維など

↓↓↓さらに、ブロッコリーに含まれる栄養成分は

スポンサードリンク

ブロッコリーの栄養の効果効能

β-カロテン(ビタミンA)

皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、目の機能や
疲れを回復させ、免疫力を高めてくれる効果がありますが、
不足すると、乾燥や小じわ、サメ肌などになりやすくなる
といわれます。
また、鉄分の吸収を助ける役割がありますので、貧血の
予防にもなります。
抗酸化作用の働きは、ガンの予防効果が期待できます。

ビタミンE

抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑え、血管を守り
血行を良くするので、動脈硬化などの予防や肌荒れを
防ぐ働きがあります。

グルコシノレート

強い抗酸化作用があるとされ、活性酸素を取り除き
肝臓を強化するはたらきで、解毒作用の効率が良く
なるといわれます。

スルフォラファン

有害物質を無毒化させ、排泄する作用があります。
また、解毒酵素をつくり、殺菌効果など約3日間は
効果が持続します。

クロム

強い抗酸化力があり、糖質・たんぱく質・脂質の代謝に
関係します。

今回のまとめ

野菜と言えばブロッコリー‼といわれるほど人気がありますね。
特に冬野菜の仲間は、寒さからわが身を守るので、味もグンと
良くなります。野菜は、健康管理には欠かせない食べ物です。
炭水化物やたんぱく質・脂質とともに、野菜を食べましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする