歩き方で病気のリスクを知る内股ガニ股くねくねモンローウォーク変!?

%ef%bd%97%e3%83%bb%ef%bc%93
歩き方で、将来の病気などのリスクが分かるそうです。
内股歩き、ガニ股歩き、腰をくねくねモンローウォーク
などの歩き方は、どのような症状を引き起こすのでしょうか!?
歩き方が変!? おかしい!? 改善方法はあるのでしょうか。

スポンサードリンク

歩き方で病気が分かる❓内股ガニ股歩き

内股歩き・寝たきり⁉

内股歩きは、膝が内側を向いている歩き方です。
日本人の女性に多いという「内股歩き」は、
「О脚」の人に多いそうです。
膝が変形したり、高齢になるにつれて動きずらくなり、
寝たきりになる可能性もある

がにまた歩き・尿漏れ⁉

ガニ股歩きは、膝が外を向いてしまう歩き方
骨股関節周りの筋肉を、上手に使えていないために
筋肉が弱っていくといわれます。
インナーマッスルが大事
体の奥の筋肉は、内臓を支えているために、
尿漏れを抑えるための筋肉にも影響を与えます。

内股orガニ股 簡単チェック✓

➊立つときに、足はこぶし1個分をあけて、平行に開いて立ちます。
➋にぎりこぶしを膝と膝の間に入れて、かるく屈伸をします。
➌屈伸をした際に、量ひざが「こぶしを押す」あるいは
「こぶしからはなれる」のどちらでしたか。
※こぶしを押す・・・内股
※こぶしからはなれる・・・ガニ股
「こぶしを入れて屈伸をしたときに、押しもせず、はなれもしないのが、
理想の状態とされ、膝がまっすぐ前に曲がって、伸びているのが
良いといわれます。」

歩き方はくねくねで分かる病気のリスク

モンローウォークくねくね歩き・転倒⁉

マリリンモンローの歩く姿の代名詞❣
歩くときに、腰が左右に振れる歩き方
腰の「中殿筋」が弱っていることからおこります。
また、意識して一直線歩きをする場合は、
体幹が弱く内側に寄せて歩くので、
腰が横にふれたり、膝に負担をかけてしまいます。

このような歩き方は、横方向に踏ん張る力が弱いので
転倒しやすくなるといわれます。

チョコチョコ歩き・太る⁉

チョコチョコ歩きは、後ろ足が伸びていないために、
地面を蹴り上げていない歩き方です。
筋肉をあまり使わないで歩くので、筋肉が衰えやすく
なります。
チョコチョコ歩きは、歩幅が狭くなり、背中が丸まり、
腕の振りも小さくなって、筋肉が衰え基礎代謝が下がり
「太りやすくなる」といわれています。

スポンサードリンク

歩き方が変⁉病気にならないために

正しい歩き方のコツは、腕の振り方にあるといいます。
腕の有効的な振り方をつかんで、健康でいましょう。

歩くときの腕の振り方

腕を後ろに振る歩き方
・腕を後ろ!後ろ!に「45度位」振るように意識して歩きます。
重心が前に進み、早く歩けて、歩幅が広くなり、後ろ足が
伸ばせるようになるので、姿勢が良くなり理想の歩き方に
近づきます。
%ef%bd%97%e3%83%bb%ef%bc%94
・両腕を振るときは、内側や外側振らないように、
前に平行にまっすぐ、両腕を振ることを意識します。

フェイスタオルを使う方法

フェイスタオルを使って、腕が正しくふれているかのチェックが
できるそうです。
・タオルは、縦に3つか4つに折り、それを横に半分に折ります。
輪とは反対側を持って、上記のように両腕を振ります。
・腕を振ったときに、タオルが反り上がって形が変わるようだと、
振りが大きすぎるようです。
ポイントは、前を見て腕を振ったときにタオルが、目線に入る位で
タオルの形が変形しない程度の、抑えた振り方が理想とのことです。

今回のまとめ

転倒から寝たきりになる人は、毎年3万人もいるそうです。
注意が必要ですね。
腕の振り方によって、歩く姿勢も変わってきますので、
是非参考にして、毎日の健康管理に役立ててください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする