冬の味覚旬のランキング10!野菜と果物と魚介類の特徴と栄養で寒さに勝つ❣

%ef%bc%92%e3%83%bb%e9%87%8e%e8%8f%9c%ef%bc%92
寒い冬に食べたい美味しいものは‼
冬の味覚ともいえる旬の食べ物を、ランキングでご紹介します。
冬の旬の野菜・果物・魚介類は、旨みがギュッと詰まっていて、
栄養価がピークに来ています。
寒い冬も、これで元気をもらえそうです。

スポンサードリンク

冬の味覚旬のものランキング‼

カニ   「カニのおいしい種類は~」
牡蠣   「牡蠣の栄養成分は断トツ!!」「牡蠣の生食用と加熱用の~」
◌◌◌◌  「牡蠣の旬の季節がやって~」
みかん  「みかんの美味しい選び方~」「みかんの甘い品種おすすめ8」
◌◌◌◌  「温州みかんの種類・品種~」
寒ブリ  「寒ブリは旬の時期お刺身が」
フグ
白菜   「白菜の品種おすすめは甘~」
大根   「大根のおいしい見分け方~」「大根の効能は生と加熱で違うの!?」
イチゴ  「いちごの美味しい見分~‼」「いちごは品種で糖度が違う!?」
伊勢海老
リンゴ  「りんごの美味しい選び方~」「りんごの品種の人気ランキング10」
◌◌◌◌  「りんごのカロリー糖質は~」

冬の味覚 旬の野菜と果物の種類

冬の旬の野菜の特徴と栄養・効能

冬の野菜は、霜などの寒さから守るために、養分を蓄えることで、
栄養価が増して、甘味も増えるといわれます。
旬の時期は、甘味が増すだけではなく、「栄養価」も高いので、
季節のものを、いただきたいですね。

冬野菜の栄養成分は、β-カロテンビタミンCが多く含まれていて、
身体の免疫力を高めたり、健康な皮膚・粘膜の保護・老化予防の
効果が期待できます。

さらに、寒い冬季の野菜は、体を温める作用に優れています。
体の冷えは、免疫力の低下になりますので、日々の料理に、
冬野菜を上手にとりいれ、血行を良くし、体の中から温めて
寒い冬を乗り切りましょう。

冬の旬の野菜の種類

%ef%bc%92%e3%83%bb%e9%87%8e%e8%8f%9c
●大根
●白菜
・ゴボウ
●ほうれん草
・春菊
・ネギ
・野沢菜
●ブロッコリー
・里芋
・自然薯
・人参
●新レンコン(レンコン)
・ユリネ
など

冬の旬の果物の特徴と栄養・効能

果物は、健康効果が高いことが、評価されていますが、
日本の果物の摂取量は、かなり低く、先進国の中でも
下位にランクされています。

「1日に200gの果物を食べる」ことが理想とされていて、
毎日食べることで、体の健康管理に役立ちます。
果物には、クエン酸・ビタミン類・ミネラル類が、
豊富に含まれていて、天然のサプリメントになります。

特に、冬の果物には、ビタミンC・クエン酸が多く含まれ、
免疫力を高め、風邪や肌荒れの予防や、胃腸の調子を整える
効果があります。

寒い冬に、身体を冷やすと代謝が下がり、脂肪を貯め込み
やすくなり、免疫力も下がりやすくなります。
冬の旬の果物を上手にとりいれて、胃腸の調子を整えて、
消化・吸収を良くして、健康な体に導きましょう。

冬の旬の果物の種類

%ef%bc%92%e3%83%bb%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%82%82%e3%81%ae
●みかん類
・りんご
●いちご
●柿
●ゆず
・キンカン
・ネーブルオレンジ
●和梨
・洋ナシ
・クランベリー
●国産レモン
・国産ライム
・ざくろ
・国産キウイなど

スポンサードリンク

冬の味覚旬の魚介類🐟

冬の旬の魚介類の特徴と栄養・効能

冬の魚・貝・カニ・エビなども、旬の時期に食べると、
おいして栄養価も高く、健康になるための要素を
いっぱい持っています。
冬の寒い水中の中でも、元気に泳ぎ・動いています。
魚貝類のアブラは、不飽和脂肪酸が多く、ラードや
ヘッドなどのように、常温で固まることはありません。
そのため、動脈硬化症などのような、血管を詰まらせる
原因にならないのです。
特に、青魚などは、悪玉コレステロール値を減らすと
いわれます。

旬のものは、肉質もよく、良質なたんぱく質で、
とにかく旨みが詰まっています😋

刺身や焼き・煮物にしても、有効な栄養素を摂ることが
できるので、冬の旬の味を堪能してください❣

冬の旬の魚貝類の種類

%ef%bc%92%e3%83%bb%f0%9f%90%9f
・かき(牡蠣)
・寒ぶり
・ズワイガニ
・ヒラメ
・アマダイ
・メヒカリ
・真サバ
・ホタテ貝
・コウイカやりいか
・カワハギ
・いわし
・金目鯛
など

今回のまとめ

日本には四季があり、それに合わせて食べ物の「旬」があります。
夏は体の熱を冷まし、寒い冬は体を温め、体に栄養を届けてくれます。
そして、旬のものは美味しいですね😋
寒い冬こそ、旬のものを食べて、元気に過ごしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする