きのこ菌活の効果的な食べ方で栄養を丸ごといただきます❣

きのこいい
「菌活」といえば「きのこ」の代名詞のような
ものですが、味が良く、歯触りもよく
様々な料理に使えます。
調理法を工夫すれば、効果的な食べ方が
できます。さらに栄養成分は、信じられ
ないほど多く含まれています。

スポンサードリンク

きのこ菌活効果

きのこは生物学上、動物にも植物にも属さずに、「菌類」という生物群に属
しています。菌糸といわれる管状の細胞を持ち、酵素を体外に分泌して、
有機物を分解・吸収して生長します。
一般的にきのこの種類は60000種を超えるといわれていて、食用になるのは、
約200種類とされています。最近では栽培技術も進み、1年を通して食べれれ
ます。
色々なきのこがスーパーに並び、野菜と同じように食べられていて、きのこ類
「天然もの」「栽培もの」があります。
ハウスや室内施設で栽培される物は、温度や水などの管理のもとで育ちます
ので、年間を通して安定供給されます。「天然もの」のキノコは、主に「秋」
が旬のものが多く、香り高く、味もいい頃です。

効果・・免疫力アップ・腸内の活性化・生活習慣病の予防・肌荒れ予防

きのこの効果的な食べ方

生で食べていいキノコは!

きのこ類で「生」で食べていいのは、新鮮なマッシュルームとぶなしめじです。
マッシュルームの生は、サラダやトッピングなどに使うと、味もよく歯ごたえ
も楽しめます。
また、ぶなしめじも、新鮮なものは生で食べられますが、あまり美味しくは
ないので、おすすめはできません💦

加熱するなら!

きのこ類は、水分量が多いため、加熱することで水分が出やすくなります。
焼いたり、炒めたりするときは、強火で短時間調理をして、余計に動かさない
ことです。水分が出ずに、仕上がりがきれいで、栄養分を閉じ込めた状態で
食べることができます。
きのこは、菌そのものを食べることができるので、丸ごと食べたいですね!

煮込み・スープに!

きのこ類は、うまみ成分が高い食品です!煮込むことで旨味が染み出て、
他の食材との栄養が絡み合って、相乗効果が期待できます。
うまみ成分が高いので、薄味に仕上げられて、減塩にもつながります。
スープには、栄養分が染み出ていますので、全部飲み干しましょう😋

冷凍保存でキノコのうまみアップ!

きのこ冷
キノコ類は「冷凍保存」できます。冷凍する場合は、石づきを切り取って
ほぐしてジップロックなどに入れます。
ほぐしておけば、使う分だけ取り出して、凍ったまま調理で切るので便利です。
さらに、冷凍することでうまみ成分の「グルタミン酸」が増えるので、美味し
さがアップしますよ。きのこって凄いですね‼
🌟🌟きのこの栄養と生の食べ方はあるの!成分を見れば分かる!見逃せない効果!
🌟🌟きのこの旬はいつ!秋の味覚といわれるほどの栄養効果があります

スポンサードリンク

きのこ効果栄養

ビタミンD2

キノコ特に椎茸は「ビタミンD2」の宝庫です。そして、食用のキノコ類には
ビタミンD2の元になる物質「エルゴステロール」という成分があり、日光に
当てることでエルゴステロールは「ビタミンD2」に変化します。。
椎茸を機械で乾燥させたものは、100g中20㎍以下ですが、日光に2時間
以上当てると数十倍にもなり、一度増えたビタミンD2の量は、ほとんど変わ
らずに保存できます(冷蔵庫内で半年)。
さらに「干しシイタケ」にすると、生の椎茸の10倍以上の食物繊維が摂れ
ます。

食物繊維が豊富!

きのこは、ローカロリーで、糖尿病食やダイエット食によく使われます。
きのこ類は、野菜と同じような栄養素で使われますが、生物学的には、
第三の生物群で「菌類」に分類されていています。
ビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養を、豊富に含んだ低カロリーの食品
です。
きのこ類は、不溶性食物繊維が多く含まれていて、胃や腸の中で水分を吸収
してカサを増し、腸の動きを活発に働かせます。また便を柔らかくして、便通
を良くし便秘の解消につながり、デトックス効果にもなります。

アミノ酸が多い!

キノコは野菜よりも、アミノ酸が多く含まれています。
アミノ酸はたんぱく質を構成する成分で、「必須アミノ酸」も数多く含まれて
いて、体に必ず必要とされる栄養素です。
筋肉や血液、各細胞にたんぱく質が含まれていて、体を作っている主な成分
です。免疫の抗体としても働き、神経伝達にも深く関わっています。

カリウムは高血圧やむくみに!

またカリウムが豊富に含まれていて、体内の水分調整や浸透圧の調整、
塩分濃度の調節をしたり、高血圧や動脈硬化の予防にもなります。
それにより生活習慣病の予防に期待されています。
不足すると、高血圧やむくみの原因になります。

ナイアシンはお酒の好きな人には必要!!

ビタミンB3ともいわれ、水溶性ですが熱に強い性質を持ちます。
ナイアシンはたんぱく質や糖質、脂質をエネルギーに変えるのを助ける補酵素
の働きがあります。また、アルコールの分解や二日酔いを起こす成分の分解を
助ける補酵素の働きもしてくれます。
きのこmm

カルシウムでイライラをなくす

カルシウムは、99%が骨や歯として存在し、人体には欠かせない栄養素です。
心臓や体の筋肉の収縮にも、使われていて大きく関わっています。
また、神経の刺激伝達にも関係し、神経を安定させる働きをもちます。
«不足すると»
・骨粗しょう症
・神経が不安定でイライラ
・筋肉のけいれん

マグネシウムは神経を安定させる!

マグネシウムは、たんぱく質の合成や骨や歯の形成、エネルギーの代謝にも
関与します。
カルシウムと共に骨や歯のもとになり、神経の刺激伝達にも関係し、神経を
安定させる働きをもち、頭痛の予防にも効果的です。
カルシウム:マグネシウムは、「2:1」の割合で摂るのが理想とされます。
各種酵素の働きを助ける働きをします。
«不足すると»
・集中力の低下・イライラ
・骨粗しょう症
・筋肉のけいれん・不整脈
・頭痛

今回のまとめ

キノコの栄養効果には、驚かされます!
様々な料理に使えるきのこは、主役、脇役、隠し味にもなります。
うまみ成分が十分あり、栄養成分も豊富なので、毎日の食事に
利用してほしいですね。
キノコの菌活!を活用しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする