七夕の短冊に込められた意味は五色です!!手作りして飾りお願いしましょう!!

七夕5
子供達が楽しみにしている「七夕」!!
お願い事を書くための短冊やきれいな飾りを準備したいけど、色は何色
でもいいの? 意味があるの? と思ってしまいますよね。
七夕が日本に入ってきたのは奈良時代、その歴史は古く、短冊の色や飾
りにも意味があります。

スポンサードリンク

七夕の短冊に込められた意味は五色なのです

七夕飾りで欠かせないのが短冊です。現在は色やデザイン形などもいっ
ぱいありますが、当初は短冊ではなく5色(ごしき)の糸を飾っていた
のです。
「♪五色(ごしき)の短冊~♪」の七夕の歌は、こんな意味だったんで
す。

「五行説(ごぎょうせつ)」

五行説3
五色は「青・赤・黄・白・黒」
五徳は「仁・礼・信・義・智」

『青』・・緑の木行….徳を積み重ねて人間力を高めていく
『赤』・・炎の火行….礼儀正しく父母や祖先への感謝の気持ちを大切
にする
『黄』・・大地の土行..信頼・友人や知人などの人間関係を大事にする
『白』・・鉱物の金行..義務や決まりを守る
『黒』・・水の水行….智慧をつけて学業を向上させる

※古くから最高の色と言われていた『紫』が加わり、その代わりに黒が
使われなくなりました。

※五色の意味に添ったお願いをすると、より叶いそうですね。
五色の糸の飾りから、短冊に願い事をして笹竹に飾るようになったのは
江戸時代の頃で、この頃七夕も五節句の一つとして加わりました。

五節句

スポンサードリンク

七夕の短冊の由来・お願いの仕方

七夕が伝わった頃は、女性が織女星のように はた織や裁縫が上達する
ようにと7月7日にお祈りをするだけでした。
時代が江戸時代になる頃には、男性も女性も願い事をするようになりま
した。
江戸時代には「寺子屋」が多くあり、基本的な読み書きそろばんを教わ
っていたので、「七夕」になると子供たちは、自分が学んでいる読み書
きそろばんが上達しますようにとお願いするのが一般的でした。

※そのなごりで今もサトイモの葉にたまった朝露を「天の川のしずく」
と考え、そのしずくで墨を溶いて、短冊に詩歌を書くと字が上達すると
言い伝えられています。
※昔はご神木の梶(かじ)の葉に和歌を書いてお願い事をしていました。

>七夕の短冊を手作りして飾りましょう!

七夕6

「短冊」・・・お願い事が叶う、書が上手になる
「紙衣」・・・裁縫が上手になる
「投網」・・・豊漁になる
「宵籠」・・・整理.整頓.物を大切にする
「吹流し」・・機織が上手になる
「巾着」・・・お金が貯まる
「千羽鶴」・・家族の長生き

自分や家族、お友達が叶えたいものを、多めに飾るといいですよ。

七夕に笹や竹が使われているのは、冬でも緑色で生命力の強い植物で、
何か不思議な力を持っていると扱われてきました。
竹取物語も不思議な生命力が授けられていると、昔の人が感じていた
ことだと思われます。

※本来、使用した笹や竹は、川や海に飾りごと流し「けがれを一緒に
流す」という意味も込められていますが、場所によっては流してはい
けない所があるので、よく確かめてほしいと思います。

まとめ

七夕3
お願い事は、昔と比べると多様化していますが、願いを叶えたいと言
う気持ちは、今も昔も代わらないと思います。なにを叶えたいのか?
短冊を五色用意して、いくつかお願いしてください!!

お願い事が叶いますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする