銀杏の処理の仕方どうしよう⁉簡単にきれいにできる!保存で長く楽しみましょう!

銀杏vv
秋の味覚には「緑の銀杏」がありますね。この季節ならではの
きれいなエメラルド色の銀杏‼
銀杏の生の実を、「初めて収穫したら!」「あるいは貰ったら!」
どうしますか⁉ 臭いに負けそう~ξになりますが、手早く簡単に
処理して保存しましょう。

スポンサードリンク

Ⅰ「銀杏の処理の仕方」

イチョウの木は「雄」と「雌」があって、実が生るのはメスの方です。
歩道を歩いているときや公園など、季節になると「銀杏の実」が落ちていますね。
好きな人は、わざわざ銀杏の木の公園に出かけて収穫しています。この前、母も
収穫に行って、2~3日車の中に置き忘れて、凄いことになっていたらしい💦
銀杏の実は、とにかく「臭い!」ので素早く下処理したいですね!

幾つかの処理法がありますのでご紹介します。
※直接触るとカブレの原因になります。
 必ずゴム手袋を付けて行ってください。
◉「土の中に1週間から10日程埋めてから処理する方法」
◉「水に漬けて2日程置いてから処理する方法」
◉「収穫してすぐに果肉を取り除く方法」
主にこの3つの方法がありますが、臭いは凄ですよ!
銀杏6

««土の中に埋める»»

①収穫した実をネット(たまねぎが入っているネットなど)に入れて、土の中に
1週間から10日程、埋めていきます。(バクテリアが実を腐らせるようです。)
②土から堀上て、ネットごと水で洗います。このとき、果肉を取り除きながら
きれいにするので、ネットは粗目が良いです。
この方法は、土に埋めておく場所や時間などの手間がかかるので、最近では
余り使われていないようです。広い敷地があって、臭いの気にならない場所が
あれば大丈夫できます。
土の中で発芽するものもあります。私は2本育てています‼
③きれいに洗って、天日干しでしっかり乾燥させてください。
銀杏z

Ⅱ「銀杏の処理法・水に漬けて簡単に!」

««水に漬けておく方法»»
①収穫した実をバケツかビニール袋に入れて、お水をかぶるくらい入れて、
2日程おきます。この間に果肉が柔らかくなり、下処理しやすくなります。
臭いも当然あります。ベランダや軒下など、臭いの気にならないところで
保管してください。ご近所迷惑にもならないように、気を付けてください。
銀杏f
②実をネット(たまねぎが入っているネットなど)に入れて、柔らかくなった
果肉を潰しながら取り除きますが、外で出来るときには、長靴を履いて
ネットの上から、果肉をすり潰し流水できれいに洗います。
または、網の上で転がしながら水をかけて分離させる(写真)
銀杏k
ほかに、ジップロックのような密閉したものは、袋の上から手で果肉を離すように
潰して、ザル(目の粗いもの)に出して、流水できれいになるまで洗います。
③きれいに洗って、天日干しでしっかり乾燥させてください。

««収穫してすぐに果肉を取り除く方法»»

①収穫した銀杏の実をビニール袋やジップロックに入れて、手で袋の上から果肉を剥がします。
銀杏hj
②中の硬い殻を、袋から取り出して流水できれいに洗います。袋に残った果肉は
袋ごと密閉して生ごみで捨てられます。
③きれいに洗って、天日干しでしっかり乾燥させてください。
果肉がふやけていないので、取りにくいですが、日にちを置かずにできるので、
量が少ないときは、おすすめの方法です❣


スポンサードリンク

Ⅲ「銀杏をきれいに処理したら保存が効きます!」

しっかり乾燥出来たら、新聞紙に包んで冷蔵庫で保管しましょう。
今の時季は、きれいな「緑色の銀杏」を楽しめますので、早めに召し上がって
ください。(緑色を楽しむなら、2週間位までです。)
㊟銀杏の実には、「メチルピリドキシン」の成分が入っていて、食べ過ぎると
中毒症状を起こす場合があるようです。
1日に5~6粒でも症状が出る場合があり、主に5歳未満が70%を占めるよう
です。小さいお子さんは、解毒作用の機能が大人よりも発達していないので、
注意が必要です。

また量が多くて、長期の保存をしたい場合は、「冷凍保存」ができます。
①硬い殻は取り除きますが、「ペンチ」や「銀杏割り」で殻を除きます。
🌟商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
②中の実を塩ゆでしながら、泡だて器などでかき回すと、薄皮が取れやすくな
ります。残った薄皮はザルに取ってから手で除けます。
③完全に冷まして、ラップやジップロックなどに入れて、冷凍保管します。
小分けに、平らに並べて保存すると、取り出しやすくなります。

🌟銀杏の殻と薄皮の簡単な剥き方・調理法‼を参考にしてください。

Ⅳ「今回のまとめ」

銀杏の実が手に入ったら、挑戦してみてください。臭いに負けないで‼

街路樹などのイチョウの木は、実を収穫するために植えたものではないので、
自然に落ちた実(銀杏)は拾ってもいいのです。
しかし、まだ落ちていない(実ってる)実を取ると、窃盗罪になるそうです。
気を付けてくださいね。

うちのイチョウの木は、まだ4歳ですが、いつの日か実を付けてくれるかも
しれないので、楽しみに待ちたいと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする