ダウンジャケットの臭いは取り除ける!?汗や皮脂の消し方と消臭洗濯の方法は!

洗濯お
寒いときに重宝するダウンジャケット!軽く持ち運びも便利で、肩も凝らないので、
意外と多くの時間着用していませんか!?
そうなると気になってくるのが、臭いですね。
臭いの原因はいろいろありますので、根本的に臭いを消すには、消臭剤だけでは
十分ではありません。今回は、臭いを取る洗濯方法をお知らせします。

スポンサードリンク

ダウンジャケットの臭いは取り除けるの?

ダウンジャケットは羽毛を使っていますので、羽毛特有の臭いがあり、質の悪い
羽毛を使用している場合は、脱臭加工などが不十分で臭いの強いものもあります。

またダウンジャケットは、直接肌に付けるものではありませんが、袖口や襟元など
は肌に当たる所でもあり、汚れやすいですね。

さらに、体から分泌される「皮脂」や「汗」「ホコリ」「たばこの臭い」などが、
ダウンジャケットに付くと、フワフワに空気を蓄えていた「ダウン」や「フェザー」
にまで臭いが付着してしまいます。

さらにダウンやフェザーが束になってしまい、空気を蓄える量が減るので「保温力」
も低下してしまいます。。
汗や皮脂に「雑菌」などが付いて、臭いのもとが増えてしまうのです。

「臭いが取れない」「汚れが目立つ」「ボリュームが減る」「暖かさがない」
このようなときは、それらの汚れが原因の場合があるので、消臭や洗濯をしましょう。
また羽毛の特有の臭いも、羽毛を洗浄し殺菌することで、消臭効果が高まります。

ダウンジャケットの臭い消しの方法

日中に着用したダウンジャケットは、必ずハンガーにかけて置くだけで、自然と
臭いは無くなっています。
洗濯p
しかし、たばこの臭いや焼肉屋さんなどの、密閉した部屋の中で長時間臭いにさら
されたダウンジャケットは、かなり臭いを吸い込んでいます。

ファブリーズなどの消臭剤をたっぷりかけておくと、翌朝は消えているときが
あります。臭い戻りがなければOKですが、臭いが残る場合は「根本的な汚れ」
あるので、消臭剤では取れません。

やはり、臭いを取り切れないときは、クリーニングや自宅で洗うことをおすすめ
します。「手洗い表示」や「洗濯表示が」あれば、洗うことができます。
洗濯1
「洗濯機」「洗面台」「大きめのタライ」などを使って、洗っている方も多いです。
意外と簡単にできますよ。洗うことで、内部に染み付いた臭いや汚れがきれいに
なるので、「臭いも付きにくくなる」のです。

ただ何度か洗ううちに、撥水効果が取れてしまうものもありますので、防水スプ
レーや防汚スプレーなどをするといいですよ。
平成28年12月1日から「取扱い表示」が新しくなります。
 洗濯絵表示のマークが国際基準に統一されるので輸入物も
 分かりやすくなります。こちらをご覧ください❣

スポンサードリンク

ダウンジャケットの臭いを取る洗濯の方法

«洗濯機での洗い方»

①洗濯機にお水を貯めて、「おしゃれ着洗いの洗剤」を先に入れて混ぜます。
洗濯5
②ダウンジャケットを入れて、押し洗いの方法で、押して戻す、押して戻すを
ゆっくりと繰り返します。
浮いたままだと「洗浄効果」がないので、内部の空気を抜くように、押し洗いし
ます。

③十分押し洗いが出来たら、排水して1分位の脱水をします。
④また水を貯めて、「おしゃれ着洗いの洗剤」を先に入れて混ぜます.
この時も押し洗いをしてください。
※(ここで1時間程度の漬け置きをします。)

※ダウンジャケット専用のクリーナーもあります。

⑤すすぎと脱水を2回繰り返したら、最後に水を貯めた中に柔軟剤を溶かして
ダウンジャケットを2~3分つけて、1分位の脱水をして洗濯は終了です。

⑥形を整えて、ハンガーに吊るして、日陰の風通しの良いところで乾かします。
乾燥機を使う場合は「弱」で1~2時間程度で、五分乾きになるのでその後は、
風通しの良いところで自然乾燥します。
洗った直後は、(“゚д゚)、ペッチャンコですが、乾くとボリュームが戻ってきます。

⑦乾いたら軽くなるので、大きいものもハンガーに掛けて、中の羽毛を軽く
叩いて片寄りをなくして平らにしてください。
⑧乾いてから、さらに2~3日は吊して乾燥させましょう。
ダウンジャケットの洗濯は洗濯機が簡単!!中性洗剤での洗い方で保温効果を高めよう

«重曹とクエン酸で消臭»

①洗濯機かタライに30度位のぬるま湯を入れて、おおさじ1~2杯の重曹を
溶かして、ダウンジャケットをつけ置きします。(1時間程度)

②そのまま1分位の脱水をします。
③洗濯機かタライに30度位のぬるま湯を入れて、おおさじ1~2杯のクエン酸
を溶かして、ダウンジャケットを押し洗いします。

④よくすすいで1分位の脱水をします。
⑤風通しの良い日陰で乾燥させます。

⑥乾いたら軽くなるので、大きいものもハンガーに掛けて、中の羽毛を軽く
叩いて片寄りをなくして平らにしてください。
⑦乾いてから、さらに2~3日は吊して乾燥させましょう。

※シーズンオフで収納するときは、不織布などの通気性の良いもので保管する。

今回のまとめ

ダウンジャケットは、日常生活で活躍してくれる働き者です。
その分汚れて臭いが出てきますので、清潔にしてあげましょう。
清潔にしておけば、臭いも付きにくくなります
お気に入りのダウンジャケットを長く楽しみたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする